誰も教えてくれなかった生理事情

布ナプキンの洗い方・スルリと簡単に落ちる方法

布ナプキンは洗うの面倒じゃないの?
使い捨てナプキンの方が楽チンなのでは?

筆者自身も35年間使い捨てナプキンユーザーでしたのでその気持ちはよく分かります。

妊娠中におりもの用にと布ナプキンを頂いたのがきっかけで筆者は使い始めましたが、今では生理中に夜の経血が1滴も出なくなったどころか、日中トイレでほとんどの経血がでるようになったので生理がすごく楽になりました。しかし、最初に布ナプキンをもらったときは「洗濯が面倒そうだなあ」そう思ったのを覚えています。

布ナプキンを産後本格的に使い始めてから、驚くほど「思ったよりすごくお手入れ簡単じゃない!」そう思えて、誰よりも面倒くさがりの筆者がもう4年浮気せずに毎回布ナプキンを使っています(普段はおりもの用をつけています)。

そんな「簡単!」と感動した布ナプキンの洗い方をシェアしていきますね。

用意するもの

・セスキ酸ソーダ

・バケツ

布ナプキンの洗い方(経血を洗う場合)

  1. ある程度流水で血液の汚れを流したあと
    バケツなどにナプキンが浸かるくらいの水がぬるま湯をはり
    重曹かアルカリウォッシュを小さじ1~3杯程度入れ、浸け置きをします。
    ※ナプキンの枚数や経血量によって量は異なります。
  2. 布ナプキンを中に浸けて一晩おきます
  3. 経血汚れが浮き上がっているので、簡単にお水でジャブジャブ流します。
  4. お洗濯ネットに入れて洗濯機にいれて洗います。

バケツに水とセスキ酸ソーダを入れて一晩置いて、朝洗濯機に入れるだけ。とても簡単なんです。

布ナプキンの干し方

日光消毒できるように干す

乾燥機は使わないでください

 

布ナプキンの洗濯グッズはどこで買うの?

100円ショップに行くと、セスキ酸ソーダもバケツも売っています。
ご家族がいる場合はふたつきのバケツを買うと便利です。
セスキ酸ソーダはお掃除にも使えてとても便利です。

本当にキレイに経血は落ちるの?

はい、スルリとキレイに布ナプキンから経血は落ちてくれます。

基本的にセスキ酸ソーダ水は血は落とす効果があるので、子供の鼻血とかがついたシーツなど、薄めたセスキ酸ソーダ水をかけるとスルリとキレイに落ちます

外出先で使用済みの布ナプキンはどうするの?

不透明のジップロックに入れておくと、匂いも気にならず便利です。持ち帰ってから浸けおきしても経血は落ちますが、気になる人は薄めたセスキ酸ソーダ水をボトルに入れて、使用済み布ナプキンにシュッとかけておくとより良いでしょう。

布ナプキンはどのくらいで交換するの?

布ナプキンの状態や使用頻度にもよりますが、1年ぐらい経過したら交換すると良いかもしれません。ショーツを交換する感覚で新しい布ナプキンに交換すると良いですね。

布ナプキンは高い?

はじめに2日分程度は買い揃える必要があるので(洗濯できるように)使い捨てナプキンより初期にお金はかかります。繰り返し使える点とおりものなどにも使用できるものもあるので長く見た時にどう捉えるかですね。

おりものにも使える

普段、おりもの対策でおりものシートを使っている方も多いのではないでしょうか。毎日使われているかたもいると思います。

生理ナプキンも同様、オリモノシートには吸水ポリマーが入っています。吸水ポリマーはひえぴたシートと同じ成分を使っているので、ぬれたときに肌がひんやりする感覚を覚える方もいると思います。おりものシートを布ナプキンに変えてから冷えが改善されたという報告も多数聞きます。

冷えが気になる方は薄型の布ナプキンを購入して温活をはじめてみるのもおススメです。

何枚ぐらい必要?

<日常使い>
おりものや尿漏れライナーとして使う場合は、
ホルダー小を3~4枚程度あると安心です。

<月経時に使う場合>
例)日中用として ホルダー中 4~6枚
夜用として ホルダー大1~2枚
替えパット 4~6枚

参照:http://havanababy.net/?mode=cate&cbid=1909568&csid=0

外出先で漏れそうで心配です。どうやって使っているの?

A:布ナプキンの下に使い捨てナプキンを敷いておくと安心です。

使い捨てナプキンはポリマーが入っているため、漏れる心配をしていない人がほとんどかもしれません。確かに布ナプキンは布なので経血を通しますが、漏れづらくするために防水生地をショーツ面に入れている布ナプキンが多く出ています。赤ちゃん用の防水シーツなどに使われているような生地です。そうすると漏れの心配は軽減されます。心配な場合は布ナプキンの下に使い捨てナプキンを敷いておくと安心です。

 

経血コントロールって?

現在のように紙の使い捨てナプキンが主流になったのは、まだつい50年くらい前。昔はさらしのような布をあてたり、脱脂綿を丸めて詰めたりしていました。

昔の人は経血はトイレに行ってだす、というのが当たり前だったんですね。生理に“意識”を向けることで生理が軽くなったという報告がたくさんあります。以下をポイントにまずは経血が出ることに意識を向けてみて、その変化を楽しんでみましょう。

ファーストステップとして経血がたまるのを感じたら、
急いでトイレにいって、ハートロトロ、と息を吐きながら腹圧をかけて経血を出し切るイメージを持ってみます。
初めの頃は1時間に1回を目安にトイレにいってみる。

膣を『緩めて』『締める』体操なども併せて出来るとより良いですね。

 

あわせて読みたい
【生理を早く終わらせる4つの方法】生理が3日でスッキリ終わる?おススメは布ナプキン+月経血コントロール生理期間はひとそれぞれ。生理が長引くと女性にとっては大変。はやく終わる方法があれば知りたいところ。早く生理が終わる方法を4つピックアップ...

夜経血が出なくなるって本当?

多くの方が月経血コントロールを始めていちばん最初に感じる実感がこの睡眠時の経血の量が減ることです。基本的には寝ている時は経血はほとんどでません。という報告が多数。

夜は本来、子宮もお休みタイム。
現代社会では夜遅くまで働いていたり、夜更かししたりと生活リズムが乱れがち。本来はお休みしたいタイミングで子宮がお休みできていないのが大きいようです。生理期間だけは早寝早起きにチャレンジしてみる、など少しづつ生活を見直しても良いかもしれません。
「漏れてしまうかも」から解放されたらずいぶん快適ですよね。

体に意識を向けるだけで本来のリズムがだんだん戻ってくるのかもしれません。

ちなみに筆者は「夜生理の経血って出ないんもんなんだ!」とネットで見て知って感動した翌月から夜の経血が出なくなりました(単純w)思い込み激しい性格が良い方向に転んだ例ですね。

尿漏れ対策にも使えるの?

どの程度漏れるかによって使えるナプキンが変わってきますが、少し出てしまう程度であれば使えるでしょう。生理ナプキンを下に敷いた上に布ナプキンを重ねて使うことで漏れへの心配が軽減されます。併用して使うのもひとつの方法です。

布ナプキンはどのくらい水を吸収するのかを実験しているブログ
https://ameblo.jp/havanababy/entry-12310707430.html?frm=theme

まとめ

布ナプキンの簡単な洗い方についてご紹介しました。
洗濯グッズも2つだけという手軽さ。セスキ酸ソーダもバケツも100円ショップでも簡単に手に入るので普段の生活を大幅に変更することなく、するっとなじみます。

簡単なだけでなく、生理が楽になったり、冷えが軽減したり、体に意識を向けるきっかけづくりへの効果が大きい布ナプキン。お値段以上の効果をきっと感じられると思います。ぜひ試してみては。

また次回の生理から「生理の経血はトイレで出すもの」「間に合わないときにサポートするのがナプキン」そんな新しい「思い込み」で生理を感じてみてください。

体の変化を少しずつ感じられて「なんだか生理が楽しみになってきた」そんな風に感じる女性がもっと増えるといいな・・・。そんな想いを込めて締めくくりとさせていただきます。

この記事をシェアする
次はこれを要チェック