パートナーシップのとりせつ

セックスレス(性交渉なし)で妊娠、出産する事がある。どうやって?本当に?仕組みを解説

セックスレス(性交渉なし)で妊娠?本当に?耳を疑うような話だけれど、実際にいらっしゃるようです。

編集長TAMAもそのような経験を持つ方、2人とお会いしてお話しを聞かせてもらったことがあります。3人目だけはセックスしていないのに妊娠したから驚いた、と話されていました。

今日はその仕組みに迫ります。

英国のブリティッシュ・メディカル・ジャーナルという医学専門誌の論文でも「性交渉なし妊娠」が発表されている

「アメリカの処女受胎、200人に一人の女性が性交渉なしで妊娠」
ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに掲載されているリプロダクティブ・ヘルスの長期的な調査の結果、200人の米国人女性のうちの1人が、これまで性的な性交を経ずに出産したと主張しています。

この調査結果は、19952009年に実施された青年期全国縦断研究の一環として、15歳から28歳の7,870人の女性と少女の調査に基づいています。

BMJのクリスマス号によれば、この研究に参加した女性のうち45人(0.5%)は少なくとも1人の処女妊娠を報告しています。
英国インディペンデントより。

セックスなしで妊娠。これは新しい時代のはじまりの象徴かもしれない

当然のことながら、セックスして精子と卵子が物質世界で出会って、妊娠というのが常識であり周知の事実。

しかし今、地球の周波数が上がってきていて、3次元から5次元へ移行中と言われている地球。4次元以降は見えない世界と言われますが、いわゆる意識の世界、感性の世界ですね。特別なことではなく、誰もが持ってていて活用できる世界が「意識・感性の世界」

確かに最近自分のワクワク、いわゆる「感性・インスピレーション」を軸に生き始めている人が周りにも続出しています。生き方をそちらにシフトしている人達は、これまでの3次元の常識では考えられない結果が出ていたりするのもまた事実。でも特別な事はではなく、自分の心を軸に置くか、そうでないか、というシンプルな事なのだと思います。

「常識、目に見えるものに軸を置くか」
それとも
「感覚、直感、インスピレーションに軸を置くか」
それだけ。

「アセンション」などスピリチュアルな言葉がよく聞かれますが、軸をどちらに置いて地球を楽しむの?という話。なのだと思います。

話を戻すと、新しい時代の象徴というのは、「感性・インスピレーション」を主軸で生きる人達が増えてきて、今までの常識が通用しない、説明できない不思議な事象が増えているんですよね。「セックスなしの妊娠」もこれから増えていくであろう不思議事象のひとつである、という事ではないかと。

そんな不思議現象を、エネルギー体という観点でドクタードルフィン先生のyoutubeで説明されていたので、引用していきたいと思います。

ードクタードルフィン先生のyoutubeより意訳ー

セックスなしで妊娠、出産する「受胎告知」事例について(前編):ドクタードルフィン松果体革命30

セックスなしで妊娠、出産する「受胎告知」事例について(後編):ドクタードルフィン松果体革命31

セックスなし妊娠は、物質界での受胎ではなく、エネルギー体での受胎が起きている

これまでの科学の概念だと有り得ないけれど、これからどんどんあり得る時代になってくる。これまでの妊娠は、皆さんが知っているように、セックスによって精子と卵子が出逢って、精子が競争することによって卵子と合体して受胎するというのが当たり前だった。

人間は、エネルギー体としてのエーテル体、アストラル体があるように、エネルギー体の精子、エネルギー体の卵子が当然ある。

高次元のシリウスの世界などはエネルギー体で存在していて、女性性のエネルギー、男性性のエネルギーがだけがあり、人間のように物質化されていない存在の世界がある。

ある女性がいて、物質としての精子を受け入れなくても、相手となる存在の「高次元精子」がエネルギー体だけでその人の「高次元卵子」とお互いにエネルギーを合体させて受胎する。エネルギーの世界で受胎が行われ、これは脳を介在しないで行われている。

勝手に本人の知らないところで勝手に受胎するの?と思うかもしれないが、本人の頭の中で理解、認識できなくても、潜在意識では望んで受け入れているから現象化される。

イエスキリスト、聖母マリアなどその時代にもあった。いわゆる処女懐胎だ。昔の神話でも処女懐胎は珍しいものではない。そして今の時代になってようやく情報がオープンになってきた。カミングアウトする人が出てきた。これからどんどんそういうことが事象として見せられてくるだろう。

これからは、妊娠に限らず、物質をエネルギー次元に上げることができるし、エネルギーを物質次元におろすこともできる。それは自由自在になってきて、セックスなしの妊娠はその一例である。

子供たちは特別な使命を持っている?

一般的には物質の精子と物質の卵子が合体して受精する。

通常の妊娠の場合は、物質としての精子と卵子の受胎と霊性の受胎(魂がソウルインすること)は3次元で同時に起きている。

セックスなしの受胎の場合は、時間のずれが起きる。

先に高次元で霊性受胎が起きて、その後に物質次元での受胎がおこる。
霊性受精が分裂して松果体ができて霊性の受胎の段階で魂がソウルインする。


要するに霊性の段階の高いエネルギーの状態のところに魂が入ってくるので、そこに応じた高いエネルギー体が魂として入ってくることが多い。(通常の妊娠の場合は3次元のエネルギー体のところに魂が入る)

だから、自分の魂や地球、社会を進化させるために、お役目をもって高い意識をもって入ってきていることが多い。レインボーチルドレン、クリスタルチルドレンなどと言われる愛と調和の意識をもっている魂が多い。入ってきた魂の振動数が高いことが多いのはこのためである。

ー引用意訳ここまでー

魂が地球で入るのか、高次元で入るのかという違い

ドクタードルフィン先生の話は非常に面白いです。
要するにどの段階で魂が入ってくるか、というだけなんですね。

地球で入るのか、エネルギー体の段階(高次元)で入るのか。

こちらの方も実際にセックス無しの妊娠をして、ブログに綴られていたり本を出されています。セックス無しの妊娠にはいろんな説があるようで、こちらの話もとても興味深いです。

リトリートハウス『まざ~ずあーす』スピリチュアル女将の咲弥
不思議な妊娠の話。・・実はわたしも!!続々(驚き)

目に見えないし確かめようがないものですが、これからもこのように目に見えないけど不思議な事例がたくさん増えていくのでしょうね。
個人的にはどんな世界が展開されていくのかが、とても楽しみです。

うるおうカラダのつくりかたtwitterはじめました。
やや辛口気味につぶやいていく所存です

うるおうカラダのつくりかたLINE@はじめました。

ここでは書けないような、切り込んだ話はこちらで。
スピリチュアルと性はどう繋がっているの?など。
こちらのブログの更新情報もお伝えします

友だち追加

この記事をシェアする
次はこれを要チェック