龍神・神様のとりせつ

龍雲を見たら龍が近くにいるサイン。龍神のサインの意味を知って人生を加速させる方法

目に見えないけれど、私たちの身の回りにたくさんいてご縁を運んできてくれたり、守ってくれている龍神。龍は特別な人だけにつくわけではなく、とても身近にいる存在なのです。
なんと、地球上に何億柱(龍の数え方は柱で数える)もいるようです。

見えないだけに「まさかいるわけない、わたしとは関係ない」そう思うと龍も寂しい気持ちになるようです。いつも意識して感じて、心の中で感謝をしていると「もっとご縁を運ぼう」そんな風に思ってもらえるみたいです。

龍が近くにいるかも?なぜかそう思う、それはいると思って間違いない


龍なんているはずない?筆者もそう思っていました。龍の存在を知ったのはたった2年前。それから気づけば、龍のいる神社ばかり「行かないと」のインスピレーションが頭の中に来て巡ることになったんです。

龍の存在を知ってから2年経って、ようやく「近くにいて守ってくれている」「ご縁をはこんできてくれている」そんな風に確信するようになりました。

龍のいる神社や滝などに行った後は、面白いように小さな願いがスルスル叶ったり、驚くほどのピンポイントでご縁が結ばれていったりするんですね。

これはわたし以外の力が明らかに働いている、そう確信しました。それと同時に頭の中に入ってくるわたしのものじゃない感覚の言葉は龍神からのメッセージなんだな、そんな風に少しづつ、少しづつ確信するようになっていったんですよね。ちなみに、わたしは目には見えないタイプです。

龍神の役割・意味とは?

龍はご縁を運んでくれたり、人をつないでくれる役割・意味があります。

龍神は神様というよりは、神様がつなぎたいご縁を龍神が動いて繋ぐ、という役割をしてくれているようです。龍神がつくと(乗ると)、今まで想像もつかなかったご縁が運ばれて仕事が軌道に乗るなどがあるようです。

龍神の基本的な性質


・前向きな人間を応援したいと思っている(応援する人を探している)人間のワクワクは龍の栄養素である(うきうきしていると、よって来る)

・応援されると願っていることがすごいスピードで叶い始め、人生が好転する(龍の真骨頂。ご縁を運んでくれる)

・自分を意識を向けてもらえるとうれしい(人間と同じですね)

龍が応援してくれるとどんな変化があるの?

龍神が応援してくれると、軌道に乗ったり、いいアイデアが閃いたり。とにかく流れがスムーズすぎるほどに流れていく。流れる水のように、龍神とのご縁が開かれるとダムの出口が開かれて一気に水が流れていくように事が進んでいくようです。

なんだか最近調子がいいな、小さな願いがスルスルと叶っていくな、そんな風に思ったときは龍が応援してくれているのかもしれません。

龍神はどこにいる?どんな場所を好む?


神社、川、湖、滝。
これらの場所には高確率でいるようです。神社は結界が張られているため居心地が良いようですね。龍神=水の神様だけに川、滝、湖にも高確率でいるとのこと。

龍の形の雲、雨、風、虹、数字の「8」は龍が近くにいるサイン

龍の形の雲をよく見るふと空を見上げたら、龍のうろこのような雲。あからさまに龍の形をしている。そんなときは龍から「近くにいるよ」と送られてきているサイン。まさかねで流さずにあ、今日も守ってくれてる、ありがとうと心でつぶやいてみましょう。

数字の「8」をよく見る

車のナンバー、座った座席、時間など「8」も龍が送っているサインです。頻繁に見かけたり、ぞろ目で見るときは要チェック

突然の雨


雨や水は龍の象徴でもあります。突然の雨や、局所的な雨などは龍神が降らせている可能性があります。神社の境内に入ったら急にポツポツ降ってきた。そんな時は龍神に歓迎されていると思っていいでしょう。

急な突風、風が通る


神社の境内を歩いていたら自分のところだけサーッと気持ちよい風が通るなども歓迎のサインです。風が吹いていないのに絵馬のところだけ揺れているとかもお茶目な龍神のサインですね。

写真に写りこんでくる

龍神様の神社などで写真を撮影したときに、何本もの白い線が入ることがあります。まるでそこを通り抜けたような線の入り方をしたときは龍の「いるよ」アピールでしょう 笑筆者は壱岐島の龍光大神に行った時の写真が龍が通ったあとのような線が入りました。


虹も龍の出すサインのひとつ。ワクワクしている人間が大好きな龍神はワクワクさせるのも大好き。虹とセットの雨も龍のサインであることから、雨+虹はダブルサインと言えるかもしれません。

龍ともっと仲良くなるコツは神社や滝など龍神がいると思われる場所に行って挨拶すること


龍は神社で休んでいることが多いため、会いに出かけるのはひとつの方法です。意識をもって繋がりにいくのは仲良くなる方法としては最も良いと言えます。声に出したり、心の中で話しかけてみましょう。もしかすると記事で書いたような龍からのサインが送られてくるかもしれません。

編集長TAMAの龍がいると強く感じた瞬間

筆者は天河神社近くの御手洗渓谷にご縁があって行った時、「ここ、龍のお家だ」というインスピレーションを強く感じたんですね。

なんとなくというよりも、確信に近いものでした。

渓谷を進んでいくと入り口に龍の顔そっくりの木があったり、流れる滝が龍の背中そっくりだったりと、目に見えないもの+目に見えるもので龍神の存在をものすごく感じた瞬間でした。御手洗渓谷ではボーっと滝の流れるさまや水の音、その場の雰囲気を五感で意識を内面に向けて“感じ”ていました。すると自分では普段浮かばないような言葉が複数頭の中に入ってきて、あれは龍からのメッセージだったんだな、後からそんな風に感じました。

そして御手洗渓谷に行った、2週間後のこと。「また来い」と強く頭の中に入って来たのです。なので(仕方なく)おとなしく指示に従って伺いました(笑)。ずいぶん遠いのですよ、天河神社のあたりって。。神奈川から5時間かけて馳せ参じたんですよね。

そうしたら、翌日からのインスピレーションが明らかに強くなりました。いろんな情報が一日中入る、というのがいまだに続いています。さて、今後どんな風につながっていくのか楽しみなところです。

天河神社もものすごく宇宙と繋がる強力なパワースポットなのですが、御手洗渓谷も強力な龍神スポットです。行かれた際はセットで行くといいと思います。

あわせて読みたい
みたらい渓谷と奈良天河神社(天河大弁財天社)は、「龍と繋がる、宇宙と繋がるスピリチュアルパワースポット」いきなりスピリチュアルな話ですみません。笑。奈良の吉野郡天川村にある、天河神社近くのみたらい(御手洗)渓谷。ご縁があって旅行に行った時、...

見えないものや、自然現象を感じる力こそ感じるカラダをつくる

  
「感じる」カラダになるトレーニングのひとつ、目に見えることだけじゃなく、目に見えないものや、見逃しそうな自然現象を感じる力を育てること。思考をゆるめて、全方位感度を立てること。これ、とっても大切なんですよね。

今日起きたちょっとした「いいこと」拾ったり

日常の小さな「うれしいな」を拾って感じること。

小さなことをスルーしないこと。
慣れないこと。

それぐらい当然は「感度」を鈍くしてしまいます。
ハートで感じるとともに、膣でもよろこびを感じてみてください。

膣で感情を感じる。そうすると「感度」がどんどん育っていきます。

まとめ

龍の形の雲、雨、風、虹、数字の「8」これらは龍のサインかもしれない!そう思って意識を向けるだけで、たくさんのサインを受け取れると思います。最初は半信半疑で少しづつ拾っていく。拾った前後に起こる出来事と照らし合わせてみる。少しの根拠が積みあがった時に「ずっといてくれたんだ」そんな風に思えるかもしれません。何しろ、龍たちは人間のワクワクを応援したくてしたくてウヨウヨしているそうですから。

LINEに登録していただくと、更新の通知が届きます。

「うるおうカラダのつくりかた」では今ほとんど知られていない、女性のカラダのこと
スピリチュアリティについて切り込んだ情報を発信していきます。
最新情報はこちらでチェック
友だち追加

「うるおうカラダのつくりかた」メルマガ

ブログに書けなくて困っている

深い大人の性とカラダの話

スピリチュアルで本質的だけど
ちょっと怪しい話は

メルマガで配信することにしました。

 

探求して発見した新しい情報

日々の気づきはメルマガにアウトプットしていきます!

ご登録はこちらから
お願いいたします。

この記事をシェアする
次はこれを要チェック