うるおう膣の育て方

ピルってどこで買うの?アフターピルって何?カラダを守る、全女性必須知識の避妊方法2つ

日本では「避妊のために服用するもの」というイメージが根強いピル。生理不順の解消や、PMSの症状を軽減するためにピルを服用するといった活用方法もあるようです。

膣研究科(?)としては、そのあたりはちゃんと調べてお伝えしないと!
そのあたりを調査したので、何回かにわけてお伝えしていきます。

ピルとは

ピルは避妊方法のひとつで、日本を含め世界中で活用されています。ピルとは、女性ホルモンの成分が含まれたお薬のことです。

ピルを服用することによって、排卵が抑制され、避妊することができます。コンドームよりも避妊効果が高いため、確実に避妊したい方にはおすすめです。ピルは基本的に事前に服用しておくものですが、避妊を忘れたなど不測の事態が発生した場合に服用するためのアフターピルもあります。

低容量ピルとは

日本では月経周期異常、月経困難症、月経過多などの治療の目的で、中用量、高用量の女性ホルモン剤があり、保険適応外でピルとして避妊にも使用されるケースがありました。避妊を目的とした場合では、中・高用量では副作用の発現が比較的多く、低用量で十分であることから、低用量ピルがほとんどの先進諸国で認可され使用されています。

低用量ピルってどこで買うの?ドラッグストアにも売っている?

低用量ピルはドラッグストアなどで市販されている薬では無く、購入する際には医師による処方が必要です。 主に産婦人科で取り扱っていますが、避妊目的だけでなく他の治療にも使うことができるため小児科、内科、皮膚科などでも処方していただけるようです。

低用量ピルを使うと生理痛が軽くなる?

―生理不順が解消

ピルを正しく服用することにより、一定の周期で規則正しく生理がくることになります。つまり、生理をコントロールすることになり、生理不順の改善にもつながるのです。

―生理痛や月経量を軽減してくれる

生理中に増殖する子宮内膜には、子宮の収縮を促すプロスタグランジンという物質が含まれています。生理痛の原因はプロスタグランジンが過剰に分泌される事が主要な原因。これによって強い子宮収縮を引き起こし、生理痛を引き起こしてしています。ピルの内服によって子宮内膜の増殖が抑えられることにより、プロスタグランジンの量が減り生理痛は改善されることが多いようです。それとともに月経量も少なくなっていくようです。

―月経前症候群(PMS)の症状が軽減

PMSとは、月経前の3〜10日間続く症状で、具体的には、イライラや頭痛、腹痛や腰痛や眠気、倦怠感、むくみといった症状があります。全女性の50〜80%と報告されており、女性ホルモンのバランスの変化が、PMSを発生させる原因の一つだと考えられている。ピルの内服は、常に女性ホルモンのバランスを一定に保つことができるため、PMSが軽減されることがあります。。

“翌朝”飲む避妊薬。アフターピルとは

妊娠を回避するために、女性が性交後に服用する飲み薬「アフターピル」(緊急避妊薬)。「避妊をしなかった」「コンドームをつけ忘れた」「ゴムが外れた・破れた」「中出しをされた」など避妊に失敗してしまった時、望まない妊娠を避ける為に役立つのが緊急避妊薬(アフターピル)です。

世界保健機関(WHO)は、アフターピルを服用できない医学上の病態はなく、服用できない年齢もないという見解を示しています。欧米では市販薬として薬局で買えるのが一般的ですが、日本では買いづらくあまり知られていない「アフターピル」

現在はコンドーム以外の選択肢しか知らない、利用していない女性が大多数と思われますが、アフターピルは女性の避妊の選択肢を増やしますし、中絶のリスクを減らすことができる手段のひとつ。

性の低年齢化が進む中、特に若い世代は性の知識も少ない現状。失敗してしまったとき、性暴力にあってしまったときの対応策として「そういう方法がある」ということ、もっと知られて良いと感じます。

アフターピルによって、性交渉後何時間以内に飲まなければいけない時間にバラつきがありますが、なるべく早く対応して服用を始めるのが共通事項。市販で手に入れられたら良いですがそこもまだ遅れ気味の日本。

そんな中、アフターピルのオンライン診療に踏み切る医療機関が出始めているそうその一つが、都内の新宿駅に直結するビルで開業している「ナビタスクリニック新宿」(医療法人社団・鉄医会)

2018年9月からアフターピルをオンライン診療のみで処方する窓口を開設したところ、初日から利用や問い合わせが相次いでいるとのこと。

ナビタスクリニック新宿では、性交後120時間(丸5日間)以内の服用で効果がある「ella(エラ)」を処方する予定だという。

ナビタスクリニック新宿のアフターピルオンライン窓口はこちら
https://navitasclinic.jp/archives/blog/1029

こちらのリンクにアフターピルについてドクターが詳しく書かれています。
【Dr.久住が斬る】緊急避妊薬の市販薬化はいつ?――性の後進国ニッポン。(前編)-

【Dr.久住が斬る】 緊急避妊薬の市販薬化はいつ?――性の後進国ニッポン。(後編)-

日本のピルの内服率はわずか1%。世界から見たピル事情

日本のピルの内服率はわずか1%。フランスは41%、ドイツは37%、イギリスは28%、米国は16%と、欧米と比較して、日本のピル内服率ははるかに低い。ピルに対する認識には国ごとに大きな違いがあります。

ピルは2人の関係を深めるコミュニケーションツール


妊娠の不安が限りなくない、ということ。これはセックスの女性の感度に大きく影響するのではないでしょうか。決まったパートナーがいて、性感染症のリスクも少ない。コンドームをつける選択をしない方、それぞれの理由で避妊なしで行われていることもあるのではないかと思います。妊娠を望んでいない場合、でも女性には一抹の不安は残るもの。「もし」は自分の感覚への集中を削いでしまう。イコールセックスの感度が下がり、充実感が損なわれる。そんな経験を持っている方はいらっしゃると思います。

「つけないときめている」「妊娠の不安をぬぐいたい」「もっと行為に集中したい」そんな方には選択肢のひとつとして使用してみるのは良いでしょう。

体が慣れるまでの数カ月の間に見られる低容量ピルの副作用の可能性

悪心・嘔吐、おなかが張る感じ、むくみ、体重変化、頭痛、乳房緊満感、不正出血、性欲の変化、目のかすみ、コンタクトが合わなくなる、などがあるようです。

※副作用については処方時にお医者さんの説明を参照してください。

安全性は?低用量ピルは、多くの研究データによって安全性が確立されている

低用量ピルは、欧米諸国に40年遅れて、1999年に「経口避妊薬」として国内承認されました。多くの研究データによって安全性が確立されています。子宮内膜症の予防や治療効果も明らかになり、現在では月経困難症や過多月経の治療目的で使用する低用量ピルが、治療薬として保険適用されています。

まとめ


避妊の手段のひとつとして「知っておく、選択肢のひとつとして持っておく」

これは女性にとって重要なこと。

妊娠を防ぐという意味合いでは、コンドームの失敗率は3%から14%なのに対し、低用量ピルは正しく飲めば避妊の失敗率は0.1%。避妊方法としては安定感があります。
かといって、コンドームは性感染症を防ぐにはやはり重要。

避妊の失敗、性暴力など緊急時には「アフターピル」
正しく飲めば避妊の失敗率の低い「低容量ピル」
性感染症を防ぐには「コンドーム」
(全て100%の確立で防げるわけではありません)

また、生理痛やPMSに悩んだときにはピルを服用することも選択肢のひとつとしてあるということ。

それぞれ適切に理解した上で、女性は自分の身体を守りたいですね。
高校生、大学生(男女ともに)にも必須の知識だと思います。

学校では教えてくれない性教育講座・切り込み編、やりたいなあー(編集長は保健体育教員免許持ってます)

いくらでも話したいことあるなー!オファーお待ちしています。

twitterはじめました。
性のこと、膣のこと、スピリチュアルなこと

 

この記事をシェアする
次はこれを要チェック