モテ論

【モテ論】モテルギ―とモテナギー。エネルギーの観点からモテる人・モテない人を科学する

先にすんません。モテを「科学する」はできませんが 笑「エネルギーの観点」から「モテ」について追求していきたいと思います。タイトルだけ湧いてきて、結論がどこに着地するのか現時点では見えませんが書きながらきっと湧いてくるのだろうと思うので、書いていきたいと思います!さあ、いってみよう!

ちなみに、
「モテルギー」はモテルための、もてる人が発しているエネルギー
「モテナギー」はモテないと思いこんでいる、もてない人が発しているエネルギー

勝手にネーミング。

モテる、モテないは「エネルギー」なのでは?


「世の中のもの、すべてはエネルギー体である」という前提で今日は話をしていきます。エネルギーとか言い出した、こいつ、という方はバックスペースボタンを 笑

「発したエネルギーが時間差で現実として体験できる」という観点から言えば、もてる人は「モテルギ―(モテるエネルギー)」を常に発しているという事になります。モテない人はモテないエネルギーをデフォルトで発している。という事になる。

おお、それなら簡単そうです。発するエネルギーを変えてしまえばいい!

モテルギーとはどんなもの?

さあ、ここですよね、重要なところ。少しかみ砕いていくと、モテる人は「モテていると当たり前に思っている」「拾いきれないほど好意が飛んできている」という前提があります。

モテる人は自分に好意がなさそうな人をみるとナチュラルで不思議に思います。「珍しいな」「逆になんでだろう?」「まあ、そういう人もいるよね」「人としてはきらいじゃないでしょ?」そんな感じですね。

「モテない」事に悩んだりしたことがありません。そのままの自分が最高すぎる。引くてあまた。だから相手に合わせて自分を根本から変えよう!という概念はないです。

「モテるのが普通」「モテているという事をまったく意識してしない状態」

ナチュラルでそう思っているから、モテたいという願いさえ発しない。蛇口をひねれば水が出るかどうか悩まない。それと同じレベルでナチュラルで「モテる」と思っている。

人間はそうあって当然と思っているものは、当たり前にそれを受け取る現実が立ち上がるので、同じ原理ですね。

自分最高。引くてあまた。わたしと付き合えてあなたラッキーだね!

これがモテる人が常に発している「モテルギー」です。

モテナギーとはどんなもの?

モテルギーとは真逆で考えたらいいですね。モテない人は「モテないと当たり前に思っている」「世の中には敵が多いもの」という前提があります。

「モテたい!モテるにはどうしたら?」「なんでもてないんだろう?」というのが意識のデフォルトの状態

モテない人は自分が「いいな」と思う人が自分をどう思っているか?に常に着目しています。

「がんばらないと相手に好きになってもらえない」という前提を持っているので、「相手にどう見られるか?」「好意を持ってもらえるにはどうしたら?」に意識がスライドしていきます。「いいな」と思う人に無理に自分を合わせていくことをナチュラルでやってしまいます。

「モテナギー」とは、自分を知らず知らずのうちに偽り相手に無理に合わせにいく

相手(周り)からどう見られているか?が主軸のエネルギーになります。

好意は美味いエネルギー!エネルギーを食べて「モテ」を増幅させる


モテる人
は常日頃の小さな好意のサインを食い物にしています 笑。いい意味で。日々の小さなサインがまた「やっぱモテるんだよなあ」と自分のモテについて確信を深めていきます。

好意を拾う範囲は実に広範囲。子供から年寄りまで、ふと立ち寄ったお店で、おっちゃんにおまけしてもらった経験までをも食い物にし 笑 笑顔を振りまきご機嫌です。ご機嫌エネルギーは周囲もハッピーな雰囲気にするため、好循環。家に帰ってからも反芻してご機嫌エネルギーを増幅。これが次の好意キャッチに繋がります。

好きでもない相手からの好意は、とくにどうにかなるわけではありませんが、モテ感・自己肯定感を増幅することに大きく寄与しています。

モテない人は好意を選り好みするので、好きでもない人の好意は迷惑にさえ思う事があります。「好きじゃないから意味ないし」「好きな人からの好意こそ意味がある」その前提があるため、小さな好意を食い物にすることができません。人は根拠となる「モテ」がないと確信を持てないもの。モテない人は好意をカウントする数が圧倒的に少ないため、「モテている」という前提を持ちにくくなります。

モテているのは、発したものが返ってきているだけ

発したものが返ってくる。最初の前提に立ち返ると、好意は放った分だけ返ってくる。ということになります。モテている人は放った数が多いだけのこと。ということになります。好意といっても「本気の好き」だけが好意だけじゃない。

「素敵だな」「いい人だな」「やさしい人だな」そんなものすごくライトな好意でいいのです。

モテたいなら好意を放て!!!
モテないのは数が足らん!!!

以上!

まとめ

「モテルギー」とは、自分最高。引くてあまた。わたしと付き合えてあなたラッキーだね!これがモテルギーという着地に。

「モテナギー」とは、自分を知らず知らずのうちに偽り相手に無理に合わせにいくエネルギー、という着地に。

モテたいなら好意を、数を放て!

という結論で本日の授業は終わりたいと思います。

あわせて読みたい
【モテる男、モテルオンナの生態系20選】VS【モテない男、モテナイオンナ・気づかないオンナの生態系19選】顔も、年収も環境もモテにはほとんど関係ない?いったい、どんなオトコが女性にモテるの?モテる女はどういう女性?モテるとモテないは一体何が違うのか?絶対的にモテる男女の生態系に迫りました。あなたはどこに該当しますか?...
あわせて読みたい
モテない(と言い張る)女VSモテる(と思っている)女の日常反応編・モテたい男の生態系5選「モテないと言い張る女」と「モテると思っている女」の違いはどこにある?好意を伝えられた時の対応、好意のカウントの根拠をどこにしてる?「モテたい男」の浮き出す血管見えるだろ?には思わず吹いてしまいました。笑...

 

うるおうカラダのつくりかたLINE@はじめました。

ここでは書けないような、切り込んだ話はこちらで。
スピリチュアルと性はどう繋がっているの?など。
こちらのブログの更新情報もお伝えします

友だち追加

うるおうカラダのつくりかたtwitterはじめました。
性のこと、スピリチュアルなこと、膣のこと

 

この記事をシェアする