現実とスピリチュアルのとりせつ

【エイブラハムの感情の22段階を解説】怒りの感情を使って望む現実を創る4つのステップと感情を昇華させる方法

自分の感情って注目していますか?わたしは3年前ぐらい前までは感情に「注目」したことはありませんでした。秒毎にせわしなく動く感情。先日、NVC(非暴力コミュニケーション)のプラクティスを受ける機会がありまして、「感情」は大切ですか?なぜ大切なのでしょう?という問いがありました。

改めて考えてみると「感情を感じる事」=「生きる意味」だなと心から思いまして。感情がもし0になったら、生きている意味がない。そんな風にも思います。

また感情のもうひとつの側面として、未来のリモコンボタンである、という面があります。今どのような感情(エネルギー)で在るか、が未来を創造している。そんな側面もあります。

ここでは感覚として捉えやすい、「怒り」「イライラ」「悲しみ」の感情の扱い方と、自分が変わることで相手も瞬時に変わってしまった経験談を、エイブラハムの感情の22段階の図と照らし合わせながら解説していきます。

出した感情(エネルギー)が現実を創っている


出した感情が現実を創ってる。このように書くと、ネガティブといわれる感情以外を感じたとき、望まない現実を創ってしまうのでは?と心配になる人もいると思います。わたしもかつてそのように思って、なるべく怒りや悲しみや不安を「感じない」でふたをする、他のことで気を紛らわす選択を無意識にしていました。

前提として覚えておきたいこと。下の表のエイブラハムの感情の22段階の「ネガティブ」と言われるエネルギーより1の「愛のエネルギー」は数万倍強いそうです。そうでなければ今頃みんな死んでいます(笑)。

より望む現実を創造したい場合は1の喜び、愛の状態で在れば在るほど、その時間が1日のうちで長ければ長いほど、想定外の喜びの現実が創られていくということになります。

感情とは?怒りもイライラも全ての感情はエネルギーであり段階がある。

私自身すごくわかりやすいと思ったのは、エイブラハムの感情の22段階の表です(下の表参照)1に近い状態が人間が「幸せ」と定義している状態であり、本来の自分の状態と言われています。

1の状態が「気分が良い」状態ですが、それ以外の感情が悪いわけではありません。「全ての感情はより良い方向に向かうために起こっている」そのような捉え方をするといいと思います。罪悪感とか下から2番目のエネルギーであることに驚いた記憶があります。本来の自分とかけ離れたエネルギーという事ですね。

ポイントとして覚えておきたいのは、22のエネルギーからいきなり1に行くことはほとんどありません。ちょっとづつ階段を上がるように上がっていく、それを覚えておいてください。

怒りの感情について知っておくと楽なこと

・どんなに腹がたって、瞬間湯沸かし器のように顔を真っ赤にしても大抵10秒程すれば最初ほどの爆発力はない。

・カッとなって、脳の感情系が暴走しそうになったときは、その場から離れることで、強制的に“間”をつくる

・自分をコントロールできなくなるかもしれないと感じたら、深呼吸

・深呼吸をしている間に神経のバランスが整う。

感情は感じ切れば終わる。終わると自動エレベーターで上がっていく。感情を昇華させる4つのステップ

先ほどの表の下のほうの感情に居続けるのはしんどいもの。特に「怒り」の感情は瞬時に湧き上がってどうにもならない。そんな人もいるかもしれません。感じ切るには以下のステップが有効です。

  1. 現状を第3者の視点で観察だけする(子供がぐずっているな、相手がこんなことを言ってたなどただの事象を言語化する)
  2. 今の自分の感情を言語化してみる(今イライラしているな、怒っているな)
  3. 感情を全身で感じてみる(体がモヤモヤするな、胸が痛いななど)
  4. すっきりして抜けたな、という体感があったら「本当の望みは何かな?」を抽出する

感じていた感情が「怒り」だった場合、怒り切った後は上の感情の段階にエレベーター式で上がっています。泣きまくったらすっきりしてどうでもよくなった。そういう経験ありますよね。それは感じ切った後、感情の自動エレベーターに乗ったからなんですね。ほんと、意図的に感じると終わるんですよね!これは驚きでした。

本当の望みは何かな?を習慣にする

似たような出来事が何度も起こる経験はありますか?それはネガティブと思われる事象があったときに、感情を「感じ切っていない」から、出しきるまで手を変え品を変え起きてくるんですね。

もう1点重要なのは望みの抽出です。「この現実はもういやだ」=「だから○○が望みだ」を抽出するためにすべての出来事は起こっている。感情の22段階でいえば6.希望のところですね。感じ切るとエレベーターで上にあがっていく。理にかなっていますね。

とはいえ、教科書通りにいかない。編集長の体験談


いよいよ実践編。なかなか教科書通りに1アタック1レシーブのようにはいきません。我が家には6歳の息子がおりますが、子供とのけんかは私に対する配慮はゼロで感情にまかせてどんどん突っ走ってくるので、「ちょっと待ってて」が通用しません。深呼吸しているそばから、猛攻撃が始まるので気持ちのリセットが難しかったりします。先日、教科書通りだな、と思うような出来事があったので、細かくレポートしたいと思います。

とある日の「怒り」→「望みを放つ」までの心の移り変わり

イライラ→怒る→相手も怒るのエンドレスループ

その日、息子君6歳は珍しく、朝から晩まで1日中ぐずっていました。ぐずりが頻繁に起こるので、何回目かになると「イライラ」に「イライラ」か「怒り」で対応してしまうという悪循環になっていました。もう本当にいい加減にして!そんな感じです。あるあるです。

深呼吸して、落ち着こうとしているそばから文句を投げつけてくるため、また怒りに逆戻り。分かっちゃいるけどやめられない。何度かお互いもとに戻って普通にすごすのだけれど、また火種が発生してけんかするという状態。

怒りのピークを迎え、頭を抱え込んで怒りに同化

夕飯時、怒りとイライラのピークに達しました。外でご飯を食べていましたが、またケンカが発生しました。食べながら文句を言ってくる息子君。

我慢の限界が来た!と思い、その場で頭を抱えて「怒り」の感情に同化しました。

「もうやだ、いいかげんにしろ、もう無理、ほんと無理、もうやだ」
ぶつぶつ独り言を言い始めました。小声ですが 笑

全身でいやな感情を感じて、細胞が泡立つのを感じて、周りの目も気にせず、声も聞こえなくなるぐらい集中しました。

時間にして2.3分でしょうか。経過した頃に怒りの感情がずいぶんとしぼんでいることに気づきました。それとほぼ同時に、向かいに怒りながら座っていた息子君がテケテケ歩いてきて、わたしの耳にフーし始めてケタケタ笑い始めました。

怒り切ったら目の前の人が変わっていた

「怒り」ゲームは終了したようだ、と感じました。息子君はすっかり元通りに一瞬で変貌しました。ママの様子が変だったから気を使った、というとらえ方もあると思いますが

エネルギーの観点でみると「わたしのエネルギーが変わったから、目の前の事象が一瞬で変わった」このエネルギーからのとらえ方がその時、しっくりきました。

怒りが終わったら望みの抽出へ

感情のキャッチが最近の趣味の編集長。怒りから解放されたけれど、直後にほんの微細な「モヤモヤ」を捉えました。

そう、望みの抽出です。先ほどの図の6.希望のミッションが終わっていないからなんですね。ここスルーしがちです。

この出来事から来る望みは明らかでした。「これがいや」→「こうだったらいいのに」を言葉で捉えます。このときの望みは前々から望んでいたことでもあるし、口にも出していました。わかっているのに、この出来事が起きた。理由は「望みを明確にくっきりと放つため」

だとしたら、望んではいるけど、ブレーキをかけている何かがあるということになります。望んでいるけど、それが叶うと心配な何かが必ずあるはずだ。と。

望み抽出!ブレーキをかけていたのは何か?と考えてみる

改めてその「望み」について考えると、ブレーキをかけているものに心当たりがありました。「いいのかな?」という一見小さな感情です。しかし、大きなブレーキとなっていることに気づきました。

ということは、「本当にこれ望んじゃっていいのかな」がなくなるまで、心から「こうなったらいいな」クリアにその望みを放つまで、この事象はエンドレスで手を変え品を変え続くんのだろうと。

そう思いました。繰り返すのは嫌だ!もう望みを放つ!と決め、翌朝早起きして、ベランダから見えるホームの神社に向けて望みを放つ儀式を行いました 笑

これが望むものを早く現実化させるコツだ!

望みがあるけれど、ブレーキをかけていることは無意識でたくさんあります。それを無意識から引っ張り出して、クリアに放つためにネガティブなことが起こっています。ということは、無視して感じない、望みを抽出しなければ、現実化が延期されていくことになります。

逆を言えば、毎回丁寧に抽出して、解放すれば現実化が早まる、と言えます。

まとめ


ここまでくると、ネガティブな感情を引き起こす出来事は、苦しいけれど「望みを引っ張り出す」アンテナになっていることが分かります。なんだか感情全部が宝物に感じてきます。ネガティブな感情は感じるのは怖いですが、「これから○分、感じつくす」と決めてどっぷり浸かると本当に消えていきます。ロジックが分かると生きやすくなりますね。

「感じる」ことは「生きる」こと。心もカラダも同じ。「感じる」事をもっと自分に許可して、うるおいのある毎日を送りたいですね。

「うるおうカラダのつくりかた」メルマガ

ブログに書けなくて困っている

深い大人の性とカラダの話

スピリチュアルで本質的だけど
ちょっと怪しい話は

メルマガで配信することにしました。

 

探求して発見した新しい情報

日々の気づきはメルマガにアウトプットしていきます!

ご登録はこちらから
お願いいたします。

この記事をシェアする
次はこれを要チェック