現実とスピリチュアルのとりせつ

子供は5次元世界を生きている。親が邪魔しないで共存して生きる方法

子供は5次元世界を生きている。我が家には6歳の息子がいるのですが、一緒に過ごしていると魔法のような嬉しいことが度々起こるんですよね。小さい子供がいるママやパパは共感する人も多いのではないでしょうか。

ところで、5次元世界については先日の記事にも書きましたが、

こちらの記事参照スピリチュアルでいわれる「5次元世界」とはどういう意味?現実的な観点で解説してみた

5次元の世界観で生きている人達はミラクルみたい嬉しいラッキーな事が頻発する世界観。周りを見渡してみるとその世界観で生きる人達の割合も増えていて、加速しているように感じるのですよね。

話を戻すと、子供はまさに自分の感覚で生きている=5次元世界を生きている代表格。

朝起きた瞬間から寝る瞬間まで、全開に自分の「やりたい」欲求に忠実に生きる生態系。彼らは疲れ知らずに一日中小走りで駆け回ります。そんなエネルギーが溢れる子供達の生態系に迫ります。

ところで5次元世界ってなに?

現実創造や影響力が「想像を超えて広がってしまう」のが“5次元”の世界観であり、5次元と3次元の違いは個々の意識状態の違いである。と思っています。

1.自分に意識が向いている(自分から湧き出るインスピレーションや想いを拾って叶えている)

2.他人に意識が向いている(他人の目を気にして、誰かの評価をもらうために生きている)

簡潔に言えば、この違いが意識状態の違いです。

分かりやすい例としては、フィギアスケートの羽生選手を思い浮かべて頂ければ良いかと。1の意識状態なのは一目瞭然ですよね。1の意識状態であるから、結果的に金メダルを取れた。順番は1の意識状態になるのが先で、結果は後。なんですね。

 

子供達の5次元世界では現実でどんなことが起きている?


・くじ引きをすれば「これしかいらない」と思ってたものを引き当てる

・たまたま行ったショッピングモールで「仮面ライダーショー」がやっている

・交通整理のおじちゃんから誕生日プレゼントを貰う

・通り道にあるお鮨屋さんに挨拶したら花火セットを貰う

・プールに行けば、好きな女の子が偶然遊びに来ていて一緒に遊ぶ

・「お金さんだーいすき」って言った10分後にお盆だまが届けられる

例を挙げたらきりがないくらい、ラッキーで溢れている世界なんですよね。無料でいろんなものが届けられる世界。大人からみたら嬉しくないものなので「ふーん」と見過ごしがちですが、本人からしたら飛びきり嬉しいものばかり。すごいなあといつも驚かされます。

狙いすぎると外れる、執着すると上手くいかないのは子供も一緒

通常モード(小走りモード)でいるときはたくさん魔法が起きますが、執着すると外れるのは子供も一緒のようです。

例えばチョコエッグの「シークレット」を狙って何個買ってもなかなか「シークレット」は当たらない。笑 特に期待しないで今この瞬間を楽しむのがやっぱり秘訣なのだなあ、と見ていてとても分かりやすいです。

子供達の溢れるエネルギーを邪魔しないで、共存して生きるのって親の修行だ

このあたりを十分に理解していても、子供に対する対応って難しいです。

理論通りにいけば、彼らの中から湧き出る欲求や気持ちを認めてあげる、受け止める事ってすごく大切だと思うのです。当然欲求全てを叶える必要はないと思いますし、叶える事が大切だと言うわけではないと思うのです。わたしじゃないほかの人が叶えるのかもしれないし、叶わない事で他の何かいいアイデアが浮かぶ事だってある。

その上で、子供を「コントロール」はなるべくしたくないし、エネルギーを削ぐようなこともしたくない。これが実際問題、なかなか苦戦するのですよね。

「ああしなさい、こうしなさい」を極限までなくしていく、見守るという名の修行。つい口が出てしまうんだけどね。相手をコントロールする言葉を発すると、だいたい漏れなく喧嘩になります。

つまづきポイント

何につまづくって「今したい」「今ほしい」「すぐに!!!」これが毎日めちゃくちゃ彼らから湧き出てくるんですね。で、彼らは自分で出来ないことも多いから、ママにぶつけてくる。

その全部に、なにがしかの対応しないとならない(これがなかなか面倒くさい)

叶えられないと判断する事も多いから、その全部の瞬間に「なぜ叶えられないか」を対話するのってこれまた難しかったりする。忙しい時に「何で?攻撃」されたらイライラしてしまうし、こっちが向き合おうとしても、子供が聞く耳を持てない瞬間もある。「ぅあーーもう!!」ってなる。

つまづき例題。お菓子買って

子育ては毎日が自分との問答修行。だと思う。向き合ったら向き合ったで、むうーっ!なるのよね。例えばお菓子買って、という些細なひとつとっても

「買わないよ」

「なんで?」

「いっぱい家にあるでしょ」

「でも今食べたいのはちがうやつなの」

「家にあるの食べてからにして」

「じゃあ自分のお金で買うならいい?」

「むう。。。」

(確かに買わない意味が分からないぞ・・・。でも買うのは嫌だ。それはなんでだ?・・・etc)

てきな。

5次元世界から3次元世界に子供を引きずり込まないようにする方法


感情や言葉について、意識的になる、というのも大切だと思うんです。が、それよりなにより、親である私たちが「自分の心を指針として生きる」で在る事が一番ではないかと。

間違いなく親の影響を一番受けていろんな事をインストールしていくので、親である私たちのOSが5次元の世界観であるのかが、重要であるのではないかと思います。

別に他人軸に行ってからの~でもなんでもいいと思うんですよ。死ぬわけじゃないし、どうやって地球を楽しむかだけなので。でも子供達には、創造性をどんどん発揮して、地球を楽しんで欲しい!人生をイキイキと過ごして欲しい!というのが多くの親の願いではないかとおもうんですよね。

彼らから湧き出る欲求に対して

  1. とりあえず受け止める。「いま○○な気持ちなんだね」。
  2. 湧き出ていた気持ちはあなたの宝物なんだ、という事を伝える。
  3. でもわたしが100%叶えるわけではない。叶わないときはやり方を考えてみな。

このステップが有効かなと思います。毎日スムーズにはまったくいかないけれど、2人とも感情的にぶつかってしまったときには、夜寝る前とか、タイミングをずらして話をしています。

結論、親の大切な役割として

「あなたに沸き起こる全ての感情はめっちゃ宝の山ナノダ」が伝わっていればいいのかな、と。

まとめ

我が家では今日書いている事を意識しているものの、めっちゃ喧嘩します。昨日も2人で号泣しましたし。笑

自分を生きるという点ではむしろ先生なので、わたしとしては、あなたはあなたのままでいい。振り回されなくていい。そんな事を伝えられたらいいのかな、そんな風に思っています。

「ワクワクする事ばっかりしていると、もっと嬉しい事が後から起こるよ」

「あなたの気持ちは?」

「めっちゃ運がいいね!」

これは口癖として今後も引き続き垂れ流していこうと思います。

【オンラインスクール】子宮クリスタルヒーラー養成講座

オーガズムは簡単に起こるんだ!
経験も年齢も関係ない
全ての女性が等しく持っている感覚なんだ

そうやって
自信を取り戻したり
自分の体の神秘に気づいたり
自分の体が愛おしく感じたり
自分と深く繋がる感覚を感じたり

これを伝えられる
セッションのノウハウを
オンラインで受講出来る様にしました

あわせて読みたい
【オンラインスクール5月生募集】子宮クリスタルヒーラー養成講座先日、子宮クリスタルヒーラー養成講座 第3期が終了しまして 日程が合えば行きたい! 平日の参加が難しい そんな声を頂...

「うるおうカラダのつくりかた」LINE@


「うるおうカラダのつくりかた」では今ほとんど知られていない、女性のカラダのこと

スピリチュアリティについて切り込んだ情報を発信していきます。

最新情報はこちらでチェック

友だち追加

「うるおうカラダのつくりかた」メルマガ

ブログに書けなくて困っている
深い大人の性とカラダの話

スピリチュアルで本質的だけど
ちょっと怪しい話は
メルマガで配信することにしました。

探求して発見した新しい情報
日々の気づきはメルマガにアウトプットしていきます!

ご登録はこちらから
お願いいたします。

クリスタルショップ ulu(ウル)

ulu(ウル)
クリスタルからのメッセージをtamaが読んでお伝えしています
天然石と持ち主をお繋ぎするお店です
https://ulushop.net/

次はこれを要チェック