うるおう膣の育て方

女性全員が持っている宝石「クリトリス」の秘密とは?カラダの中で感覚も感性も特別に研ぎ澄まされた場所

クリトリスとは何か?誰かに教わったこともなければ、よく観察したこともない。そんな人が大多数だと思います。それも当然。17世紀頃には一般的に論じられ、性の快楽に果たす役割も理解されていたのだけど、その後300年以上にわたってその知識は広まることなく、捨て去られた、という歴史的背景があるからなんです。

解剖学的にもほとんど説明がなされていないクリトリス。この機能と秘密を知って、もっと自分のカラダが好きになる。愛おしくなる。そんな助けになれば嬉しいです。

クリトリスは唯一、「快感」に特化された特別な感性をもつ場所


クリトリスは何のためにあるのか?
この疑問には「女性を幸せにするため!」
これにつきるんですね。

ペニスもヴァギナも、性器であると同時に生殖器としての機能をもっていますが、クリトリスは性器でありながら、生殖器ではない。体じゅうどこを探しても、今のところ、快感に特化された器官はクリトリス以外に存在しないのですね。

クリトリスはカラダの中で最も神経が集中している部分です。その数はペニスよりも神経細胞が多い!のです。温かさ、柔らかさ、振動など細かな感覚を感じ取る特別な感覚細胞が入っています。この感覚細胞は指、乳首、膀胱の皮下にもありますが、クリトリスが最も感覚を感じ取る神経が多い場所なのです。

細かなニュアンスを感じ取る「感性の真珠」みたいです。
女性ひとりひとりが持っている、感性の宝石なのです。

クリトリスは豆粒ではない。カラダの奥深くに広がっている喜びに特化した場所

クリトリスは一般的に表に出ている豆粒みたいなもの、という認識でいる方がほとんどだと思います。違います。

※画像はお借りしました
なんと、ピンク色の部分全てがクリトリスです。
クリトリス全体では9-11cmほどあり、表に出ている部分は1cmほど。見えている部分は氷山の一角ということですね。

カラダの中のクリトリス部分は足が二股に分かれ、膣、尿道を包み込んでいます。クリトリスへの刺激は性器全体へと伝わっていくのはこれが理由です。

女性のクリトリスが勃起する仕組みは、男性の性器が勃起する仕組みと同じ

勃起とは、性的刺激に応えて、筋肉が膨張して広がって血液が細胞の中に入り込む現象。新鮮な酸素を性器に送り込む現象なのですね。

女性は睡眠中、夜間勃起を繰り返している


女性は特にレム睡眠中にクリトリスの勃起を経験しているそうです。この勃起は陰唇と膣に影響を与えています。これに伴って子宮の収縮回数も増えます。これは男性の睡眠中の勃起と同じ仕組みで、小さな子供のときからずっと続く現象です。

夜間勃起の理由は明らかになっていない

面白いですね。いろんな説があるようで、そのひとつが「夜間のバッテリーの再充電」という説があります。血流が増加するということは、生殖器全体に新鮮な酸素が送り込まれるということになります。

無意識に男女に起こ「夜間勃起」という現象。日常的にセックスをすることで血流が増加されて生殖器が活性化されますが、それがない子供や高齢の方、パートナーがいない人は意図的に触れないと活性化されない=劣化していく。

これを防ぐために「夜間勃起」があるんでしょうね。

Gスポットはクリトリスの一部である

Gスポットは恥骨の裏側あたり、膣口から4~5cmほど入ったところの膣の前壁(お腹側)にあります。触感はざらっとしており、性的な刺激を受けるとぷっくり膨らんでくると言われています。

クリトリスはカラダ内部に脚が2股に分かれ、膣を包み込んでいることを先ほどお伝えしました(ピンクの部分ですね)Gスポットとは、クリトリスの内部と膣が接触している部分を指すんですね。なのでクリトリスの形状によってはGスポットと言われる場所が、狭い範囲の場合もあれば、広範囲で快感を得られる場合もあり、個人差がでる場所です。

膣とクリトリスはどちらが敏感?


これは神経の数などを考えると圧倒的にクリトリスが敏感です。膣には神経細胞が少ないため、鈍感に作られています。もし仮にクリトリスと同じレベルで敏感だった場合、出産の痛みを超える事が出来なくなってしまいます。

そうしたらなぜセックスが必要なの?気持ちよくないのでは?という疑問が湧きます。

膣は内側からクリトリスや子宮頚部など、膣にある何カ所もある場所を刺激することで、陰部神経、迷走神経などを刺激します。刺激する神経によって、快楽度が変わります。膣は感覚が鈍いけれど、開発することで、オルガズムのバリエーションが増えるんですね。

女性器を鏡で見てみよう


これを見てる女性の皆さんにやってみてほしいことがあります。自分の性器について、どういうものか知る、鏡で見てみてください。
今日!いますぐ!笑

見たことない人もいると思います。見たことがあってもはるか昔に見たことがある、最近見てない。そういう人がほとんどだと思います。この「見る」はやってみないと分からないのですが、最大の「陰」「見てみぬふり」をしていたものを見ると、心のブロックが驚くほどに外れることに気づきます。

「なんとなく怖い場所」「得体が知れない場所」「見るのも怖い場所」

から

「愛おしい場所」「宝石」へ。

このセルフイメージの転換はめっちゃ大きいです!
これについてもまた別記事で解説したいと思います。

編集長マダマの考察


なぜ今までクリトリスという場所について無知だったのか?クリトリスについて調べると、アダルトサイトばかり出てきて、カラダの仕組みについてまじめに書かれたものはほとんど見かけません。

それもそのはず。歴史的に、つい最近まで抹殺されてきたからなんですね。

女性の生殖と関係ない。要するにクリトリスを刺激しなくても、快楽がなくても子供はできる。その観点で「必要ないもの」として解剖学の教科書から一斉に消えたようです。
それどころか、婦人病と言われるものを治す目的で、クリトリスや陰唇、卵巣のの切除が19世紀にさかんに行われていました(今もそのような処置をされている場所があるようです)

女性の快楽も、自分自身で楽しむセルフプレジャーについても、ものすごいタブー感があるのはそりゃそうだよなー。と思います。

クリトリスについても膣についても、まだまだ書きたい事が盛りだくさん。クリトリスシリーズ続きます。

うるおう女性の為の性教育ワークショップをスタート

10代からアラフィフ、アラシックスまでが必須知識の世の中の9割の男女が知らない【大人女子のたしなみ・うるおう性教育ワークショップ】スタートします。https://uruoukarada.com/seikyouikuworkshop/

知ったら絶対セックスの見方も受け取る体験も変わる、と思っています。特にみなさんがどのテーマについて特に聞いてみたいのか知りたいです。

聞きたいこと、募集中!ライン@インスタ、フェイスブックページ、などやっていますのでお気軽にメッセージください。

みなさんが聞きたいことをぎゅっと詰め込んだ講座にしたいと思います。リラックスして聞ける、クローズドな場を作ってお待ちしています。コラボ講演なども出来たらなと思っています。ピンと来た方がいましたらご連絡お待ちしています

■LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40zzv9784j
友達検索でうるおうカラダのつくりかたでも出てきます。

■instagram
https://www.instagram.com/uruoukarada/?hl=ja

■facebook
https://www.facebook.com/uruoukarada/

うるおう女性性オンライン個人セッション


【1日1名限定】2019年3月末までモニター価格で募集中

うるおいライフアドバイザーでもあり
うるおうカラダ編集長マダマの
女性限定のセッションです。

現在抱えている、
誰にも話すことができなくて困っている性の悩み
(セックスレスやパートナーシップ、セックスに関する悩み、子供の性教育の悩み、デリケートゾーンについての悩みなど)
お話を聞いて一緒に解決の鍵をさぐるセッションです。

誰にも言えない
聞かれたくない悩みはこちらで。

パートナーは
自分の内側の現れ。

内側の女性性をどう扱っているかが
鍵となります。

それを一緒に紐解きましょう。

詳細はこちら:うるおう女性性オンライン個人セッション

LINEに登録していただくと、更新の通知が届きます。

「うるおうカラダのつくりかた」では今ほとんど知られていない、女性のカラダのこと
スピリチュアリティについて切り込んだ情報を発信していきます。
最新情報はこちらでチェック
友だち追加

「うるおうカラダのつくりかた」メルマガ

ブログに書けなくて困っている

深い大人の性とカラダの話

スピリチュアルで本質的だけど
ちょっと怪しい話は

メルマガで配信することにしました。

 

探求して発見した新しい情報

日々の気づきはメルマガにアウトプットしていきます!

ご登録はこちらから
お願いいたします。

この記事をシェアする
次はこれを要チェック