うるおう膣の育て方

【妊娠したい女性へ】ヴァギナの粘液(おりもの)が教えてくれる事。セルフチェックでできること

うるおうカラダのつくりかた編集長のマダマです。
今まで誰からも教わらなかった 女性のココロとカラダの取り扱い方を
発信しています。

妊娠をしたい!子供を望んでいる人に、妊娠のひとつのバロメーターとなるのが「おりもの」
妊娠にはいろんな要素が絡んでいますが、おりものはそのサインをお知らせしてくれる要素のひとつです。
また、女性のカラダの健康状態をチェックするバロメーターでもあります。ここではセルフチェックの方法や「おりもの」の仕組みについて迫ります。

ヴァギナの粘液(おりもの)は女性のカラダの状態のバロメーター


ヴァギナの粘液は「おりもの」と呼ばれていて、あまり好意的なイメージを持っている人は少ないように思いますが、とても重要な粘液なんです。妊娠のバロメーターの要素のひとつとしても、セルフチェックするといいと思います。

おりものは、女性の月経周期、性的興奮、肉体的・精神的な状態、接種した食べ物に応じて常に流動的に変化します。それだけに、膣(ヴァギナ)自体に異常がある場合はすぐにその粘液の変化で(においの変化や粘度)でお知らせしてくれます。おりものは健康をはかるバロメーターなんですね。

参考:おりもの臭いの原因3つ。オリモノが多い・黄色っぽい理由は?デリケートゾーンをすっきり臭わなくなるレシピ

膣のうるおい=健康

おりものは膣(ヴァギナ)はあなたのカラダを守る防御チームであり、病原体に対しては壁となって防御してくれます。細菌を無害化したり、溶かしたり、炎症が起きないようにしてくれます。

「膣の中にうるおいがある」ということは、性行為うんぬん以前に、膣の中の健康のために非常に重要です。

排卵日、ヴァギナの粘液(おりもの)は劇的に変化する


通常、膣の中は酸性に保たれています。簡単に言えば細菌から膣を守ったり、望まない精子をブロックする役目をしてくれています。「精子・細菌追い出し係」ですね。酸性の環境で精子が生きていられるのはせいぜい20分程度。

ですが、月に数日、アルカリ性に傾く日があります。
それが排卵日前後ですね。
一般的には排卵日の2,3日前から排卵の24時間前後と言われています。

アルカリ性になるとどうなるの?というところですが、精子に対して、酸性とは真逆の働きをします。膣の粘液の変化により、精子のボディガードとなり、子宮の中に精子を送り込む役割を果たすようになります。

おりものの見た目はどう変化する?

排卵直前のおりものは、色は透明。糸を引くような状態。量も増え粘り気もある状態に変化します。

「どこまでものびそうな、透明で、光沢のある、滑らかな状態になった時」
これが妊娠しやすいタイミング、と覚えておくと良いでしょう。

排卵中の「粘液が固いな」という場合は精子が子宮に入りずらい状態。

「排卵期のオリモノが確認できない」という方は、一度、病院で検査されると良いと思います。

セックス中、ヴァギナの粘液(おりもの)は劇的に変化する


セックスで強いオルガズムに達すると、子宮頚管から強いアルカリ性の頸管粘液が分泌されます。最初は酸性だった膣内がアルカリ性に傾くのですね。

通常の粘液はというのは、レモンほど酸っぱいとバランスが崩れているという状態です。たとえるなら、上質な赤ワイン程度さの酸味が健康な膣の状態であり、セックスにおける最初の段階は「赤ワイン程度の酸味。

それがセックスの中でオルガズムを感じる事で、膣内の環境が変化する(においが変わる)
感じることが出来た女性の粘液の変化については以下を参照してください。

 

アルカリの愛液は粘度が増してくる
舐めると塩気を感じる
塩気があるってことは、人によっては無味にも感じる
人によっては苦いと感じることもあるし
甘く感じる時もある。そこは人それぞれ
指のにおいも無臭、もしくは、ちょっと苦味を感じるにおいになるし甘く感じる場合もある←ここはちょっと表現が難しい

参考:【男性向け】膣に指を入れた後の『におい』が気になる??いや、むしろクセになる??(笑)(パートナーシップ研究科 一明源さん)

 

オルガズムを感じた女性は
赤ワイン程度の酸味→塩気に変化するという事ですね。

この過程について上記の記事はとても面白く的確に書かれています。セックス中の粘液の変化と、女性の感度を分かりやすく書かれています。女性も男性にも参考になる記事です。

膣はローションによって守られる

膣(ヴァギナ)の粘液は、性行為中には潤滑油として活躍します。
「濡れている」という状態ですね。

この適度な粘液は女性の膣を傷つけないためにも非常に重要です。体調や年齢によっては粘液が出ずらいこともあります。そういう場合は「必ず」ローションなどを使用しましょう。

粘液が十分に出ていない状態は病原体をブロックする力が十分ではない状態です。傷がつくとそこから容易に病原体が入りやすくなってしまいます。

膣はローションによって守れます。
で、おそらく、男性側もその方が気持ちが良いはずです。お互いにとっていいことなのでそこは遠慮なく伝えましょう。

「おりもの」で肌トラブルがある人へ

妊娠の可能性、健康状態、セックスにおける感覚など、教えてくれることが多いヴァギナの粘液(おりもの)。思っている以上の役割を担っていることはほとんど知られていません。

おりものは日常的に排出されるため、おりものシートを利用している人も多いと思います。またそれが痒みの原因になっているケースもよく聞きます。

そうすると「おりもの」自体を「嫌なもの、邪魔なもの」という認識が自動でインストールされてしまいます。おりものは膣を守る大切な潤滑剤。なくてはならない粘液です。

トラブルがある方はぜひ布のおりものシートをおススメします。肌に当たる感覚が全く変わります。吸水ポリマーによる冷えもないです。特に妊活中の人、そして妊娠中はおりものがさらに増えますので布のおりものシートをぜひ使ってみてください。本当ーに良いです。

 

編集長マダマのおススメの一品

今治タオルで出来たオーガニック布ライナー
吸水性抜群の糸で作っているので薄い&軽い&吸水性が抜群。
いろいろ試した結果、一番のクオリティです。
今治タオル布ナプキン:温布

うるおう女性性オンライン個人セッション


【1日1名限定】2019年3月末までモニター価格で募集中

うるおいライフアドバイザーでもあり
うるおうカラダ編集長マダマの
女性限定のセッションです。

現在抱えている、
誰にも話すことができなくて困っている性の悩み
(セックスレスやパートナーシップ、セックスに関する悩み、子供の性教育の悩み、デリケートゾーンについての悩みなど)
お話を聞いて一緒に解決の鍵をさぐるセッションです。

誰にも言えない悩み、聞かれたくないことはここで。
内側にある本当の望みを引っ張り出しましょう。

詳細はこちら:うるおう女性性オンライン個人セッション

世の中の9割の男女が知らないじ【大人女子のたしなみ・うるおう性教育講座】スタート


2019年は10代からアラフィフ、アラシックスまでが必須知識の世の中の9割の男女が知らない【大人女子のたしなみ・うるおう性教育講座】スタートします。https://uruoukarada.com/seikyouikuworkshop/

知ったら絶対セックスの見方も受け取る体験も変わる、と思っています。話したらエンドレスになるので、みなさんがどのテーマについて特に興味があるのか知りたいです。

聞きたいこと、募集中!ライン@インスタ、フェイスブックページ、などやっていますのでお気軽にメッセージください。

みなさんが聞きたいことをぎゅっと詰め込んだ講座にしたいと思います。リラックスして聞ける、クローズドな場を作ってお待ちしています。コラボ講演なども出来たらなと思っています。ピンと来た方がいましたらご連絡お待ちしています(コラボ講座は早速打ち合わせ始動しました)

LINE@、メルマガで講座開始のご案内させて頂きますので、興味がある方はご登録お願いいたします。

■LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40zzv9784j
友達検索でうるおうカラダのつくりかたでも出てきます。

■instagram
https://www.instagram.com/uruoukarada/?hl=ja

■facebook
https://www.facebook.com/uruoukarada/

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました^^

 

LINEに登録していただくと、更新の通知が届きます。

「うるおうカラダのつくりかた」では今ほとんど知られていない、女性のカラダのこと
スピリチュアリティについて切り込んだ情報を発信していきます。
最新情報はこちらでチェック
友だち追加

「うるおうカラダのつくりかた」メルマガ

ブログに書けなくて困っている
深い大人の性とカラダの話

スピリチュアルで本質的だけど
ちょっと怪しい話は
メルマガで配信することにしました。

探求して発見した新しい情報
日々の気づきはメルマガにアウトプットしていきます!

ご登録はこちらから
お願いいたします。

 

 

 

 

この記事をシェアする
次はこれを要チェック