令和時代の男女の生き方

やりたくないこと、すきじゃないもの、妥協しているものをやめたその先にあったものは?

やりたくないこと、すきじゃないもの、
妥協しているものを丁寧にやめたその先に
あったもの。起きたこと。

 

それは
好きで大切なものを手放す事が待っていた
のです。

 

うるおうカラダのつくり方のtamaです。

夏至前後からのアップデートが多分これで完了した

6月に入ってから
息子氏が学校に行ったり行かなかったりの日々が
続いたのですね。
今回のキーワードの”出来事”は
これでした。

 

途中途中
それが起こるごとに
まだ自分の中の滞りを見つけては
解放してた。

 

最初は
息子君の感覚と学校が合わないのかな
学校に心から行きたくないとしたら
それを許さない自分はどうなんだろう

 

でも、自由とやるべき事は違うしなとか
本当に合わないなら
合う学校を探したほうがいいのかな

 

その辺りを探って探って
とにかく毎日体当たり

 

驚くほどの怒りも出たし
どうにもならなくて
全方面ヘルプを出して
結果、感謝が溢れる出来事の連続だった。

 

で行くようになって
一件落着と思いきや
また行かなくなった。

 

今度はなに?
まだ滞りがあるのか

 

そこで本当の望みが炙り出された。

 

息子君に対して
毎日「最高だね」「すごいね」「可愛いね」
そんな言葉だけ伝えて本当は毎日過ごしたい。
怒ったり注意したりするのは
私以外の人がやってくれたらいいな。

 

そんな心からの望みが出てきて
本人にも伝えたら
「ママが毎日そんな感じだったら僕も嬉しい」

 

そんなやり取りがあって
翌日から学校へ行くようになった。
それはちょうど夏至の夜でした。

 

その望み抽出事件の翌日
塾に行きたいと言い
サッカーも始めたいと言い始めた。
全てが順調に進み始めた。

 

ああ、ここが落とし所だったんだ。
そう思った矢先
また学校に行かない事件が起きた。

 

ちなみに1年生の時は
毎日行っていたのよね。
友達からも先生からも
優しいと言われて人気があるみたいだし
勉強がつまづいている訳でもなさそう

 

これはまだ何かある。

絶対手放さないと決めているものはなに?

大切で、絶対に、手放さないと
固く握りしめているものは何だろう?

 

それは私にとっては「息子君」で

 

大切で愛しているから
以外に

 

親だから、責任があるから

 

そういうのも、当然付いてくるのを
当たり前に受け入れていて
当たり前すぎて気づかないかったんだよね。

 

「手放すなんてありえない」

 

そう思ってた。
強く強く強く握りしめてた
んだよ。

 

愛、責任、所有

 

この辺りが入り交じってて
どうにもこうにも重かった
けど当たり前すぎて
全く気づいてなかったのです。

 

で、思った。

 

「愛してる」から一緒にいる
「愛してる」から今日も一緒に楽しく過ごしたい

 

子供に対してだって
それだけでいいじゃないか。

 

責任と所有の感覚を手放して
「一緒にいたいから今一緒にいる」

 

それでいいし
それがいい。

 

責任と所有を手放して
私は今日、息子君といることを選ぶ。

 

その意識になった時
ものすごく身軽になったんだよね。

 

現象としては
「今日息子君と一緒にいる」は
これまでと全く変わらないんだけど

 

全然違うのよ。
軽さが、全く違うの。

 

翌日から学校へ再び行くようになったのは
言うまでもなく・・・

やりたくないこと、すきじゃないもの、妥協しているものをやめたその先

ここ数年は
やりたくないこと
すきじゃないもの
妥協しているものを

 

「丁寧にやめて、好きで満たす」

 

そんな数年だったように思う。
丁寧に切腹しながら重ねた今は
随分と「好き」で満たされていて
すごく幸せだと思っていた。

 

でその先には
「一番大切なものを手放す」
が待っていた。

 

大切なもの
第1位を意識で手放したら
2位以下なんて
簡単に手放せるような気もする。

 

全部を手放したとき
握りしめなくなったとき

 

必要なとき
必要なものが現れるんだ

 

まだ握っているものはある気がするけど
ひとつひとつ
手を離してみようとおもう

 

好きで大切なものにさえ
執着しない

 

それはものでも、人でも、仕事でも

 

いま、好きだから買う
いま、好きだから一緒にいる
いま、やりたいからそれをする

 

瞬間瞬間に変わる好きを
見逃したくない

 

好きって結構盲点で
これから先もずっと好きのような
それが当たり前のような
そんな気さえするから
油断してしまうけど

 

明日には嫌い、合わない
になっていい

 

その瞬間の好きに敏感でいたい

 

嫌いなものをやめていくのは
ある意味簡単かもしれない

 

これからは
どれだけ持たないか
どれだけ握りしめないか
の時代なんじゃないかな

【7月】子宮クリスタルヒーリングセッション・ご予約可能日程残りわずかです

自分を冒険に連れてってあげるつもりで
どうぞ♡

自分のカラダには
呼吸でオーガズムや子宮からの振動を感じる
そんな可能性があるということを
体感しに来てください

セッション詳細はこちらから

あわせて読みたい
【8月受付開始】対面子宮クリスタルヒーリング(タントリックヒーリング)&女性性解放個人セッション予約開始6月は満席を頂いていた 子宮クリスタルヒーリング(タントリックヒーリング)セッション 7月予約受付開始しました。 うるおうカラ...
あわせて読みたい
【8月受付開始】遠隔子宮ヒーリング(タントリック)セッション予約開始7月は満席を頂いていた 遠隔子宮クリスタルヒーリング(タントリックヒーリング)セッション 8月予約受付開始しました。 ...

 

こちらは2回セッションを受けて頂いた
sakurakoちゃんの体験談を話して頂いています。
こちらも気づけば5千人の方に見ていただきました。

 

この記事をシェアする
次はこれを要チェック